Panasonic OXYRIDE Racer

 

松下電器産業(当時)の製品性能のアピールを目的に、大手広告代理店の依頼で乾電池による電気自動車の速度記挑戦を企画し提案。単3乾電池の持つエネルギーで平均速度105.95km/hの記録を樹立しギネスブックに認定・登録。速度記録挑戦の基となる乾電池のエネルギーを公表値以上に余さず引き出すための確認や検証、電池マネージメント技術(温度管理・内部抵抗管理・接続抵抗低減等)および特性把握データを乾電池メーカーにフィードバック。
同時に電気自動車が高効率な移動体であることを実証しました。

(2008年度版ギネスブックに掲載)

製作目標

 
・空気抵抗が少なくスムーズな車体形状
・極限まで追求した軽量化
・専用モータや専用タイヤの開発
・1899年に世界で最初に100km/hを超えたジャメ・コンタント号の速度記録105.88km/hを乾電池で超える
 
 
イメージ   イメージ
 
 
イメージ   イメージ   イメージ   イメージ
 

性能・諸元

エネルギー源 Panasonic OXYRIDE 単三乾電池 192本 1.5V x 24直列 x 8並列
モータ 出力2kW 2台
タイヤ 14 x 1.75- 2P 4本
素材 ボディ / フレーム CFRP / CFRP+アラミドハニカム+CFRP(サンドイッチ)
全長 3300mm
全幅 780mm
全高 560mm
全重量 38km
最高速度 122km/h以上
公式速度記録 ギネス認定記録:105.95km/h  (往路:109.22㎞/h / 復路:102.68㎞/h)