レンジエクステンダーシステム〔コガモ〕

 

EVの航続距離を伸ばす手段として、翌1999年に牽引式発電車によるレンジエクステンダー システムを完成させ登録。その走行中のスタイルが鴨の親子の姿に似ているところから【コガモ】の愛称を頂きました。
コガモのフレームはコンピューターによる強度解析を行なった上で製作。汎用V型2気筒600cc4サイクルエンジンとMAX15kWの小型船舶用発電機を組み合わせて搭載。汎用の15kW級ポータブル発電機が400kg程に対し125kgのエンジン発電機を完成させた。始動や停止はコガモの本体のスイッチはもちろん、牽引するTGMY EV CIVICの車内からリモコンでも操作可能。

製作目標

 
・軽量コンパクト。可能な限り軽量にすることで走行に必要なエネルギーの少ない経済走行をする
 
 
イメージ   イメージ   イメージ
 
 
イメージ   イメージ   イメージ
 

性能・諸元

エンジン 空冷 V型2気筒 OHV 600cc 4サイクル 最大出力20HP
発電機 三相 250V 定格出力11kW 最大出力15kW
整流・出力電圧 三相ブリッジダイオード 600V 20A 10並列
操作性 牽引車側より、リモコン操作
全長 2100mm
全幅 1380mm
全高 1040mm
全重量(乾燥) 375kg
燃料タンク 30L
ブレーキ 駐車ブレーキ装備